• ブンロクニュース

    ファミリーマートなどで利用可能な「PayPay」で支払った金額の20%が戻ってくる

    11月22日にベルサール渋谷ガーデンにて、PayPayとファミリーマートのキャンペーン記者発表会が行われ、PayPayのCMに出演している宮川大輔が登壇した。

    PayPayとは、「バーコード決済」の市場に新たに参入した会社で、ソフトバンクとヤフーが50%ずつ出資している。決済の技術はインドの決済最大手Paytmから技術提供を受けている。

    これまでバーコード決済といえば日本では楽天PayやLINE Payがローソンなどで使えた程度で、まだまだ普及していないのが現状であった。そこにPayPayが参入し、12月から全国のファミリーマートでも利用が可能になる。ファミリーマートでは、店頭にPayPayのブースを設置して大々的に販促していくという。

    今年の12月4日から来年の3月末まで、「100億円あげちゃうキャンペーン」を展開することも発表された。その内容とは、支払った金額の20%が戻ってくるというもの。さらに、40回に1回の確率で支払った金額の全額(上限あり)が戻ってくる。つまり10万円の商品を買うと2万円が戻ってくるが、運が良ければ10万円全額が戻ってくるというわけだ。Yahoo!プレミアム会員であれば20回に1回、さらにソフトバンクのID連携をしていれば10回に1回の確率で全額が戻ってくるという。

    PayPayの中山一郎社長は、このキャンペーンで利用者数と加盟店数で共にシェア1位になることを目標としている。

    宮川はこのキャンペーンについて「社長、20%ってバカじゃないですか」とその破格さをアピール。ゲスト登壇した藤本美貴は「主婦を代表して文句をつけようと思ったけど、文句のつけようがない。これからはPayPayと共に生きていく方法を探していく」と話していた。(文・澤田)

    ※本記事は掲載時点の情報です。最新のものとは異なる場合がありますので予めご了承ください。


    [PR]24時間年中無休の安心サポート「印刷の通販 グラフィック」

    9ヶ月前 2018/11/24 0:29:10
{more_disp_disp_flag}
{more_disp_flag}
{last_timestamp}
{last_id}
{timeline_flag}
{more_item_id}

ブンロクのマスコット「Kiyomasa君」です。よろしく!

みんなの近況ピックアップ

  • 暴露ものと言えば邦画でも『新聞記者』ってのがあって、予告編はなかなか面白そうでしたが、原作者が菅官房長官に訳のわからない質問ばかりするあ... [表示]
  • 最近の韓国の対応は、大統領も政府も常軌を逸しているとしか思えないなあ。 映画やKpopは日本でも人気があるのに、日韓の交流を政府が台無しにし... [表示]
  • 5ヶ月ぶりに元町映画館に行ってきました。 神戸ではここでしかやっていない韓国映画『工作/黒金星と呼ばれた男』を観てきましたが、サスペンス感... [表示]
  • 管理人さん、お元気ですか? [表示]
  • pecoさん、お元気ですか? [表示]

新着のニュース

  • ティム・バートン監督がアニメーション映画の名作『ダンボ』を実写で蘇らせた [表示]
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』ロドリゲス監督が日本のYouTuberに映像製作の秘訣を伝授 [表示]
  • ロブ・ライナー監督が映画人生35年目にして初来日、ラーメン、そば、うどんに大満足 [表示]