• ブンロクニュース

    第31回東京国際映画祭レッドカーペット辛口レポート

    第31回東京国際映画祭のオープニングレッドカーペットイベントが10月25日(木)に六本木ヒルズで行われた。今年のアンバサダーは松岡茉優。レッドカーペットには、イギリスの俳優レイフ・ファインズや、稲垣吾郎、福士蒼汰、宮野真守らが登場した。

    松岡茉優は、去年の主演作『勝手にふるえてろ』が同映画祭で観客賞に選ばれており、その縁からも今年の「顔」にふさわしい女優だったと言える。松岡はレッドカーペットにレイフ・ファインズと共に登場。レイフ・ファインズは近年では監督としての活躍が目覚ましく、今回は監督第3作『ホワイト・クロウ』をひっさげての登場となった。

    さて、東京国際映画祭、略してTIFFは、毎年秋に開催されるこのイベントを取材しての感想を書かせてもらうが、筆者は年々元気がなくなって来ている気がしてならない。レッドカーペットを歩く顔ぶれも毎年のように同じ人ばかりという印象である。

    今年のコンペティション部門の審査委員長はブリランテ・メンドーサ。知名度は高いとはいえないし、以前映画祭に出席したことがある縁から選ばれている気がしてならない。以前は「おお!」というような人が審査委員長をやっていたものだが、今年は全体的に地味な印象である。さらに今年は安倍首相も出席していない。ということは、国内でのこのイベントの価値は他の政務よりも重く見られていないということになる。

    最も残念だったのは招待作品でハリウッドスターが誰も来なかったことだ。今年のオープニング招待作品は『アリー/スター誕生』で、これは俳優のブラッドリー・クーパーが監督して、歌手のレディー・ガガが主演している話題作である。レディー・ガガが来てくれるのかと期待していたのだが、会場にはレディー・ガガの姿はおろか、監督のブラッドリー・クーパーの姿もなく、代わりに寺島しのぶとワーナーの社長が出席しただけである。このがっかりは大きかった。寺島自身も「ブラッドリー・クーパーさんかレディー・ガガさんがいてくれればもっと華やかだったでしょうけど」とスピーチしていたほどである。

    とはいえ、たまにレイフ・ファインズや市村正親など、普段レッドカーペットで見たことがない大物が登場することもあるので、目が離せないイベントではある。女優たちのドレス対決も毎年見もので、様々な国の正装が見られたり、ゴージャスなデザインのドレスが見られたりするところも面白いところである。今年最も歓声があがったのは、『三人の夫』のクロエ・マーヤンのドレスである。錦鯉を模したすごいデザインのドレスで多くのカメラマンたちに呼び止められていた。

    他にも、お笑い芸人の横澤夏子が「主演女優の横澤夏子です。主演女優やらせていただきました。主演女優としてレッドカーペットを歩いていますので、どうか主演女優の横澤夏子をよろしくお願いします」とユニークなトークで盛り上げたりしてくれたり、ちょいちょい楽しい場面もあって、なんやかんやで3時間があっという間に終わっていた。ハリウッド・スターこそいなかったが、なかなか頑張っていたと思う。(澤田)


    [PR]24時間年中無休の安心サポート「印刷の通販 グラフィック」

    9ヶ月前 2018/10/28 23:12:31
{more_disp_disp_flag}
{more_disp_flag}
{last_timestamp}
{last_id}
{timeline_flag}
{more_item_id}

ブンロクのマスコット「Kiyomasa君」です。よろしく!

みんなの近況ピックアップ

  • 「大いなる遺産」の原題が「大いなる期待」だったことに驚く。 [表示]
  • 『ゴジラ・キング・オブ・モンスターズ』評判は良いし特撮は凄いけど、日本版ゴジラへのオマージュが多すぎて目新しさがないような気が… 前の週に... [表示]
  • 何の罪もない子供が刺し殺される事件、許せん! [表示]
  • 25年ぶりに「見知らぬ乗客」を見たが、超絶面白かった。 [表示]
  • 「万引き家族」の豪華キャストぶりにニヤリ。良い映画だった。 [表示]

新着のニュース

  • ティム・バートン監督がアニメーション映画の名作『ダンボ』を実写で蘇らせた [表示]
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』ロドリゲス監督が日本のYouTuberに映像製作の秘訣を伝授 [表示]
  • ロブ・ライナー監督が映画人生35年目にして初来日、ラーメン、そば、うどんに大満足 [表示]