• ブンロクニュース

    名作SFの30年後を描く続編『ブレードランナー 2049』ジャパンプレミアにハリソン・フォードが登場

    2017年10月24日(火)、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて『ブレードランナー 2049』のジャパンプレミアが行われ、ハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が登壇した。

    SF映画の名作『ブレードランナー』の30年後を描いた作品。レプリカント(人造人間)を取り締まる捜査官デッカードを演じたハリソン・フォードが再びデッカード役で出演している。

    ハリソンは、ジャパンプレミアで続編製作の話を聞いたときの話について、「リドリー・スコットからデッカードをもう一度演じる気はあるかと電話が来て驚いた。なぜなら彼は普段は電話をまったくかけない人だからね」と冗談混じりに語り、「シナリオを読んでみたら、素晴らしい出来だった。K(ライアン・ゴズリング)との絆もよく描かれていたからやろうと決心した」と話していた。

    前作が東京の新宿をイメージしているということから、ヴィルヌーヴ監督は、「この映画の監督を引き受けたとき、最初にライアンから”新宿には行ったことはあるか?”と聞かれたんだ。もちろん僕は何度も行っているとも。前作は日本文化の影響を受けていたから、できるだけそれを受け継いだんだ。日本的なものが全編にあるから注目してみて」とコメントしていた。

    最後にハリソンが「独特の世界が描かれている素晴らしい作品で、参加できたことを嬉しく思う」と語ると、戸田奈津子がそれを日本語に訳し終えるや「そう、それを僕は言いたかったんだよ」と付け加えて笑わせた。

    2人の女優、アナ・デ・アルマスは、イベント中終始にこやかにファンに癒しの笑顔を送り、一方、シルヴィア・フークスはセクシーなドレスでファンの目を釘付けにし、対照的な存在であった。

    『ブレードランナー 2049』は、10月27日(金)より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー。


    [PR]24時間年中無休の安心サポート「印刷の通販 グラフィック」

    2年前 2017/10/24 23:55:02
{more_disp_disp_flag}
{more_disp_flag}
{last_timestamp}
{last_id}
{timeline_flag}
{more_item_id}

ブンロクのマスコット「Kiyomasa君」です。よろしく!

みんなの近況ピックアップ

  • 気分転換に『ワイルドスピード/スーパーコンボ』を観てきました。スピンオフなのに超ド派手。 [表示]
  • スマホ用画面からパソコン用画面に切り替えるとスマホから返信できることに今頃気がつきました。スマホもパソコンも全然使いこなしてないなあ。 [表示]
  • 暴露ものと言えば邦画でも『新聞記者』ってのがあって、予告編はなかなか面白そうでしたが、原作者が菅官房長官に訳のわからない質問ばかりするあ... [表示]
  • 最近の韓国の対応は、大統領も政府も常軌を逸しているとしか思えないなあ。 映画やKpopは日本でも人気があるのに、日韓の交流を政府が台無しにし... [表示]
  • 5ヶ月ぶりに元町映画館に行ってきました。 神戸ではここでしかやっていない韓国映画『工作/黒金星と呼ばれた男』を観てきましたが、サスペンス感... [表示]

新着のニュース

  • ティム・バートン監督がアニメーション映画の名作『ダンボ』を実写で蘇らせた [表示]
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』ロドリゲス監督が日本のYouTuberに映像製作の秘訣を伝授 [表示]
  • ロブ・ライナー監督が映画人生35年目にして初来日、ラーメン、そば、うどんに大満足 [表示]