• ブンロクニュース

    レニー・ハーリン監督「次回作はジャッキーちゃん主演で日本で撮る」

    8月22日(火)、『スキップ・トレース』のジャパンプレミアが行われ、17年ぶり(映画のキャンペーンとしては24年ぶり)に来日したレニー・ハーリンが舞台挨拶を行った。

    以前からジャッキー・チェンとタッグを組むことを熱望し、過去二度もそのチャンスがありながらも逃して来た監督が念願叶ってジャッキー・チェンを主演に放つバディムービーである(相棒役はジョニー・ノックスヴィル)。ハーリン監督は、中国で映画を撮ったことで、ハリウッドとは違う居心地の良さを感じたようで、「ハリウッドでは縦社会だった。ハリウッドでは自分の担当していない仕事はしないけど、中国では自分の仕事じゃなくても進んでやってくれる。自分がこうしたいといえば、すぐにみんな手伝ってくれた」とコメントしていた。

    イベントのゲストには、花束ゲストとして内田理央、そしてジャッキー・チェンのものまね芸人である「ジャッキーちゃん」が登壇した。ハーリン監督の前でジャッキー・チェンが映画よろしく猛ダッシュするものまねを披露したジャッキーちゃん。これを見たハーリン監督は「次の作品はジャッキーちゃんにやってもらおう。これで製作費の予算をだいぶ抑えることができるな」と手応えを感じていたようだ。内田理央もアクションができるということで、ジャッキーちゃんが直々にカンフーをその場でレッスンすると、内田理央は華麗に演舞をしてみせた。これを見たハーリン監督は「これでファン・ビンビンの代わりの女優も見つかったな。次回作は君たちの主演で日本で撮ろう」とコメント。そう言ってハーリン監督も見事なカンフーポーズを披露するなど、終始ノリノリだった。

    公開は9月1日(金)から。


    [PR]24時間年中無休の安心サポート「印刷の通販 グラフィック」

    2年前 2017/8/22 21:10:47
{more_disp_disp_flag}
{more_disp_flag}
{last_timestamp}
{last_id}
{timeline_flag}
{more_item_id}

ブンロクのマスコット「Kiyomasa君」です。よろしく!

みんなの近況ピックアップ

  • 小玉理恵子さんのGDC賞受賞は嬉しい。 僕の青春のゲームの多くを作った人だから。 [表示]
  • シュガー・ラッシュは字幕と吹き替えでキャラが全然違うんだけど、続編も同じ吹き替えで行ってるみたいだな。 [表示]
  • うん、似てる インフルエンザとインフルエンサー [表示]
  • 娘に悪知恵がついてきたな。ある意味感心する。 [表示]
  • ロッテリアの期間限定クラシックバーガーがめっちゃうまかったのになくなって残念だ。 [表示]

新着のニュース

  • インターネットの世界を描いた『シュガー・ラッシュ:オンライン』が大ヒット爆走中。インターネット世代のカリスマHIKAKINが作品を語る [表示]
  • 陽月華「奈良の大きなエネルギーが力になった」『かぞくわり』初日舞台挨拶 [表示]
  • 『ファンタビ』エディ・レッドメインが日本のファンの熱烈な歓迎ぶりに感動 [表示]