• ブンロクニュース

    大黒摩季、miwa、ブリグリが出演「2017 神宮外苑花火大会」

    8月20日(日)、2017神宮花火大会が行われ、ライブイベントに大黒摩季、miwa、the brilliant greenらが登場した。

    神宮花火大会とは、1980年から「ナイター気分で花火を楽しもう」から始まった花火大会で、今年で38回目を迎える山手線内唯一の花火大会である。神宮球場、秩父宮ラグビー場、軟式球場、東京体育館敷地内の4箇所で行われ、1時間に12000発を打った。観客数は、有料観覧席だけでも7万人、周辺に集まった観客も含めると32万人、近隣で見物した人数は100万人を超えるといわれている。チケットぴあ、日刊スポーツ、キョードー東京が主催し、東日本大震災・熊本地震復興チャリティーも兼ねる。日清焼きそばU.F.O.など、様々なスポンサーが出資し、サマージャンボ宝くじの1等抽選会も行われた。

    前日某花火大会が荒天のため中止になっていたが、あいにくこの日も東京は雷雨の予報で、非常に雲行きは怪しく、いつ土砂降りが来てもおしくない雰囲気であったが、ライブは順調に進み、大黒摩季が歌っている頃には晴れた。

    あくまで花火がメインであり、大黒摩季らは「前座」の扱い。それでも大黒摩季は圧巻のパフォーマンスでイベントを盛り上げた。最後にはmiwaらと「ら・ら・ら」を大合唱、花火打ち上げ開始時刻10秒前まで歌った。

    miwaは、自分の名前と同じ「38(miwa)回目」の大会に出られたことを運命的だと話していた。タオルを回しながら「君に出会えたから」を爽やかに歌った。

    the brilliant greenは、デビュー20周年ということで、このイベントを機に活動を本格的に再開、「There will be love ther-愛のある場所-」他を演奏した。ボーカルの川瀬智子は宝くじ抽選会にも出席。ボウガンスイッチを押す大役を引き受け、自分の放った矢が9に刺さったことから、「私のラッキーナンバーにしたい」と話していた。

    花火大会が終わると、アフターライブとして、花火つながりの映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(公開中)のDAOKOライブが行われ、主題歌が披露された。


    神宮球場最前列から

    [PR]24時間年中無休の安心サポート「印刷の通販 グラフィック」

    2年前 2017/8/21 13:33:21
{more_disp_disp_flag}
{more_disp_flag}
{last_timestamp}
{last_id}
{timeline_flag}
{more_item_id}

ブンロクのマスコット「Kiyomasa君」です。よろしく!

みんなの近況ピックアップ

  • 丸亀城の石垣の高さが60メートルもあって、日本一高いとは知らなかった。 香川県人として恥ずかしいなあ。 [表示]
  • 電車の中で30代の男性2人がガンダムを熱く語ってる。それにしても声がデカいw [表示]
  • オンデマンドで「8時だョ!全員集合」を見てるけど、今見ても面白い。 志村けんの前半コントにボケと後半コントのツッコミ両方とも神がかってる。 ... [表示]
  • プロフィールの画像を変更しました。 [表示]
  • お姉ちゃんになりましたw [表示]

新着のニュース

  • ティム・バートン監督がアニメーション映画の名作『ダンボ』を実写で蘇らせた [表示]
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』ロドリゲス監督が日本のYouTuberに映像製作の秘訣を伝授 [表示]
  • ロブ・ライナー監督が映画人生35年目にして初来日、ラーメン、そば、うどんに大満足 [表示]