• ブンロクニュース

    音楽センス抜群の映画『ベイビー・ドライバー』アンセル・エルゴートが来日

    8月19日(土)、新宿バルト9にて、『ベイビー・ドライバー』(エドガー・ライト監督)の初日舞台挨拶が行われ、主演のアンセル・エルゴート(23)が登壇した。

    首がすらりと長く、長身のアンセルは、元気良くダッシュでステージに登壇。「コニチワ」「オリガットー(ありがとう)」などなんども日本語で挨拶をし、終始にこにこ笑顔でファンに手を降って応え、女性ファンたちはそんなアンセルを見て「かわいい!」とエールを送っていた。日本にはこれから東京や京都をたっぷりと満喫する予定とのことで、プライベートでの日本旅行をすごく楽しみにしている様子がうかがえた。

    イギリスの鬼才エドガー・ライト監督のアメリカ進出作品で、アメリカ人のアンセルが初主演を務める。事故により耳鳴りが止まらなくなった主人公は常にiPodで音楽を聞いている。音楽を聞いているときは耳鳴りを忘れることができ、その才能を最大限発揮することができるのだ。彼の得意技はドライビング。音楽とカーチェイスという二つの要素が見事にマッチしたカーチェイス版『ラ・ラ・ランド』とも言われており、全米では大ヒットを飛ばした作品だ。

    アンセルは「ジェイミー・フォックスも歌がうまいし、レッチリのフリーも出ている。それにケヴィン・スペイシーも本当はすっごく歌がうまいんだ。現場には音楽をやっている人か、もしくはクローゼットでこっそり音楽をやっていたような人たちばかりが集まっていたから、音楽のことで会話をすることも多かった。エドガー・ライト監督も音楽が大好きだから音楽好きの人たちが集まったんだと思う」と語っていた。

    『ベイビー・ドライバー』は本日から公開中。


    [PR]24時間年中無休の安心サポート「印刷の通販 グラフィック」

    2年前 2017/8/19 13:19:22
{more_disp_disp_flag}
{more_disp_flag}
{last_timestamp}
{last_id}
{timeline_flag}
{more_item_id}

ブンロクのマスコット「Kiyomasa君」です。よろしく!

みんなの近況ピックアップ

  • 気分転換に『ワイルドスピード/スーパーコンボ』を観てきました。スピンオフなのに超ド派手。 [表示]
  • スマホ用画面からパソコン用画面に切り替えるとスマホから返信できることに今頃気がつきました。スマホもパソコンも全然使いこなしてないなあ。 [表示]
  • 暴露ものと言えば邦画でも『新聞記者』ってのがあって、予告編はなかなか面白そうでしたが、原作者が菅官房長官に訳のわからない質問ばかりするあ... [表示]
  • 最近の韓国の対応は、大統領も政府も常軌を逸しているとしか思えないなあ。 映画やKpopは日本でも人気があるのに、日韓の交流を政府が台無しにし... [表示]
  • 5ヶ月ぶりに元町映画館に行ってきました。 神戸ではここでしかやっていない韓国映画『工作/黒金星と呼ばれた男』を観てきましたが、サスペンス感... [表示]

新着のニュース

  • ティム・バートン監督がアニメーション映画の名作『ダンボ』を実写で蘇らせた [表示]
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』ロドリゲス監督が日本のYouTuberに映像製作の秘訣を伝授 [表示]
  • ロブ・ライナー監督が映画人生35年目にして初来日、ラーメン、そば、うどんに大満足 [表示]