• ブンロクニュース

    カトリーヌ・ドヌーヴが団長を務めるフランス映画祭2017が開幕

    6月22日(木)から有楽町朝日ホールとTOHOシネマズ日劇にて、フランス映画祭2017が開幕した。オープニングセレモニーには、同映画祭で10年ぶり、二度目の団長を務めるカトリーヌ・ドヌーヴが登場し、親善大使の北野武監督が舞台挨拶を行った。

    ユニフランスが主催、朝日新聞社が共催。今年で25回目を迎えた同映画祭ではトラン・アン・ユンなどフランス映画界の巨匠たちやイザベル・ユペールなどフランス映画界のスターたちを招いて作品の上映とQ&Aなどが行われる。新作はもちろんだが、レジェンド、アラン・ドロンの特集上映など、フランス映画のクラシック作品も上映される。

    オープニングセレモニーでは、団長カトリーヌ・ドヌーヴをトリビュートした映像が流れ、『シェルブールの雨傘』の感動のテーマ曲に乗せて、『反撥』などの名作から近年の出演作まで名場面が映し出され、ジャン=ポール・ベルモンドやイブ・モンタン、マルチェロ・マストロヤンニなど映画の中でドヌーヴを愛した錚々たる共演者たちがドヌーヴへの愛を語るシーンが次々とフラッシュバックされた。映像の最後にはこれまで出演してきた作品の「Catherine Deneuve」のクレジット部分が連続で映し出され、客席からは大きな拍手が贈られ、その喝采を受けながらカトリーヌ・ドヌーヴ本人がステージに登場した。ドヌーヴはトリビュート映像を見て感極まった様子で、少し潤んだ目でユニフランス・サロメ会長から花束を受け取っていた。

    オープニングセレモニーには、他に新作『エル ELLE』(2017年8月TOHOシネマズシャンテ他全国順次公開)でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされたイザベル・ユペールとポール・ヴァーホーヴェン監督、オープニング作品『ルージュの手紙』(2017年12月シネスイッチ銀座ほか公開)のマルタン・プロヴォ監督らが登壇した。

    親善大使の北野武監督は手を頭に当てながら照れ臭そうに登場したが、ドヌーヴらゲストたちは最大の敬意で北野監督を迎えていた。北野監督は最初のスピーチでは「会場を間違えまして豊洲に行ってました。そのあと築地に行くことになりまして」などとボケまくっていたが、最後はきりっとした表情で「『昼顔』などカトリーヌ・ドヌーヴの作品に自分の作品でもかなり影響を受けている」と真面目なコメントで締めくくり、フランス映画にオマージュを捧げていた。

    フランス映画祭2017は25日(日)まで開催中。


    [PR]24時間年中無休の安心サポート「印刷の通販 グラフィック」

    2年前 2017/6/23 10:34:50
{more_disp_disp_flag}
{more_disp_flag}
{last_timestamp}
{last_id}
{timeline_flag}
{more_item_id}

ブンロクのマスコット「Kiyomasa君」です。よろしく!

みんなの近況ピックアップ

  • 「大いなる遺産」の原題が「大いなる期待」だったことに驚く。 [表示]
  • 『ゴジラ・キング・オブ・モンスターズ』評判は良いし特撮は凄いけど、日本版ゴジラへのオマージュが多すぎて目新しさがないような気が… 前の週に... [表示]
  • 何の罪もない子供が刺し殺される事件、許せん! [表示]
  • 25年ぶりに「見知らぬ乗客」を見たが、超絶面白かった。 [表示]
  • 「万引き家族」の豪華キャストぶりにニヤリ。良い映画だった。 [表示]

新着のニュース

  • ティム・バートン監督がアニメーション映画の名作『ダンボ』を実写で蘇らせた [表示]
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』ロドリゲス監督が日本のYouTuberに映像製作の秘訣を伝授 [表示]
  • ロブ・ライナー監督が映画人生35年目にして初来日、ラーメン、そば、うどんに大満足 [表示]