• ブンロクニュース

    芸能界は天職か? 松井玲奈、新川優愛ダブル主演『めがみさま』初日舞台挨拶

    6月10日(土)、シネマート新宿にて、『めがみさま』の初日舞台挨拶が行われ、ダブル主演を務めた松井玲奈と新川優愛、共演の廣瀬智紀、監督の宮岡太郎が登壇した。

    地域発信映画として制作・上映していく映画シリーズ企画「Mシネマ」の第2弾作品で、本作では埼玉県がイメージされている。

    お揃いのワンピースで登場した松井と新川。トークショーでも息のあったやりとりが見られ、終始会場は和やかなムードに包まれていた。松井は前作の『gift』でも監督とタッグを組んでいたが、監督はそんな松井のことを「天性のものを持っている。芝居が始まると役に憑依する」と大絶賛していたが、松井は満面の笑顔で「監督はサイコスリラーが好きと聞いていて、人の気持ちを不安にさせる演出が多い。だから心のもやもやを上手く表現できたと思う」と話していた。

    劇中でセラピーをやっていた新川は、廣瀬曰く現場では「実際に人生相談をしてもらっていた。僕にとってはお姉さんみたいな人」とのこと。新川は「お姉さんって、廣瀬さんは私よりも7歳も年上なんですからね」と苦笑い。

    芸能界に生きている3人について、今の仕事につくまでに悩みがあったかとMCから質問があると、「僕はなかったです。天職だと思います」と廣瀬。松井が「自分にできることは何があるのかを書いてみるのではなくて、自分にできないことを書けば、そのリストになかったことは自分にできるということだから」と悩んだ時に役に立つアドバイスすると、廣瀬は「僕は甘えん坊なんで、それできないです。自分にできることだけ書いちゃいます」とコメントしていた。

    一方、新川は「実は私は他にやりたいことがあって、今の芸能界が一番行きたかったところではないんですよ。本当はリハビリの仕事がしたくて、その勉強をしていたんです。芸能界ってどんなものなのかまったくわらかないでしょう。自分にはリハビリの方が現実的だったんです。気が付いたらこの仕事をしていますが、今でもリハビリの仕事をやりたいと思っています」と衝撃のコメント。つまり理学療法士を目指していたということだ。それを聞いた廣瀬は「だから僕は介護されているような感覚だったんですね」と妙に納得し、松井から「どれだけ心が荒んでいるんですか」とつっこまれていた。

    『めがみさま』はシネマート新宿ほかにて全国順次公開中。


    [PR]24時間年中無休の安心サポート「印刷の通販 グラフィック」

    2年前 2017/6/10 21:29:13
{more_disp_disp_flag}
{more_disp_flag}
{last_timestamp}
{last_id}
{timeline_flag}
{more_item_id}

ブンロクのマスコット「Kiyomasa君」です。よろしく!

みんなの近況ピックアップ

  • 今夜のウォーキング・デッドの内容が、あまりにもショッキングな内容過ぎて、しばらくトラウマになりそうです。 どうしてこうことごとくお気に入... [表示]
  • 「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」を見たけど、めっちゃ面白いな。 前作の100倍は面白くなってるし! [表示]
  • 丸亀城の石垣の高さが60メートルもあって、日本一高いとは知らなかった。 香川県人として恥ずかしいなあ。 [表示]
  • 電車の中で30代の男性2人がガンダムを熱く語ってる。それにしても声がデカいw [表示]
  • オンデマンドで「8時だョ!全員集合」を見てるけど、今見ても面白い。 志村けんの前半コントにボケと後半コントのツッコミ両方とも神がかってる。 ... [表示]

新着のニュース

  • ティム・バートン監督がアニメーション映画の名作『ダンボ』を実写で蘇らせた [表示]
  • 『アリータ:バトル・エンジェル』ロドリゲス監督が日本のYouTuberに映像製作の秘訣を伝授 [表示]
  • ロブ・ライナー監督が映画人生35年目にして初来日、ラーメン、そば、うどんに大満足 [表示]