• ブンロクニュース

    ダイアン・レイン、15年ぶりの来日。コッポラ夫人の監督デビュー作に出演

    6月6日(火)、TOHOシネマズ 日本橋にて『ボンジュール、アン』(配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES)のジャパンプレミアが行われ、エレノア・コッポラ監督(81歳)とダイアン・レイン(52歳)が舞台挨拶を行った。

    フランシス・フォード・コッポラ監督が夫でソフィア・コッポラ監督が娘という映画一家のママ、エレノアが、このたび本作でフィクション映画監督デビューを飾った。しかも映画のストーリーは、映画プロデューサーを夫に持つ妻を主人公に夫婦の物語を描くというもの。主人公のモデルは自分自身で、エレノアが実際に体験したフランス人男性との旅行をモチーフにしており、エレノアの知人である映画人たちがカリカチュアライズされて劇中に登場する。

    ダイアン・レインは日本でも非常に人気が高く、『運命の女』で中年女性の魅力を出してからその人気はますます不動のものになったが、ダイアンが来日したのは実に15年ぶりである。コッポラ映画で一躍有名になった彼女が、言わば恩師コッポラの妻を演じたことになるわけで、ダイアンは「エレノアという一人の女性を、自分が出演する形で祝福できて嬉しく思います」と心から喜んでいた。

    それにしても、実際に本人を前にして、ダイアンの瞳孔の大きさに改めて驚く。大きく開いた瞳孔は彼女のチャームポイント。カメラ席にも時折笑顔で目線を送ってくれる気配りも見せてくれた。スタイルも抜群で、座っていると美脚がキラリと輝く。52歳とは思えない美しさで、「これから何度も足を運びたい」とダイアン。日本の『ボンジュール、アン』というタイトルが気に入ったらしく、「日本語のタイトルに主人公の名前が入っているところが可愛いですね」と上機嫌だった。

    『ボンジュール、アン』は、7月7日(金)、TOHOシネマズ シャンテ他にて全国ロードショー。


    [PR]24時間年中無休の安心サポート「印刷の通販 グラフィック」

    4ヶ月前 2017/6/7 9:50:36
{more_disp_disp_flag}
{more_disp_flag}
{last_timestamp}
{last_id}
{timeline_flag}
{more_item_id}

ブンロクのマスコット「Kiyomasa君」です。よろしく!

第671号(10/2) 今週のブンロクニュース

秀吉軍団
戦国真田丸

みんなの近況ピックアップ

  • 最寄り駅は中央線の大型駅、駅まで平坦、敷地面接100平米で、見晴らしも良く、車も通らず非常に静かな場所と来てる。駐車スペースは2.5台、ホーム... [表示]
  • テレビアンテナを普通のアンテナじゃなくて平面アンテナにしちゃったことを後悔している。だって風で飛んで行きそうなんだもん。 [表示]
  • 台風、雨もすごいのですが風がやたら強くて時々家が揺れます。 [表示]
  • 久しぶりにパソコンからブンロクにアクセスしています。 [表示]
  • アンケートに答えてもらったAmazonの500円クーポンのハガキを間違って捨ててしまった。軽くショックだ。 [表示]

新着のニュース

  • 地方アイドルの世界を描いたオムニバス『LOCO DD』公開 [表示]
  • Beauty Week Festival 2017 女優部門は堀田茜が受賞 [表示]
  • ハリウッド版『Death Note/デスノート』Netflixで配信開始 [表示]

最近ログインしたユーザー

管理人
peco
kira
zerozerooyaji
まっつぁんこ

気の合う人をみつけたらフォローしよう!

新着のトピックアイテム

ピンと来たら何か書き込もう!