• ブンロクニュース

    今度のブラッド・ピットの新作はNetflixオリジナル作品だ

    5月23日(火)、六本木ヒルズアリーナにて、Netflixオリジナル映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』のジャパンプレミアが行われ、本作のプロデューサーであり、主演も兼ねているブラッド・ピットが監督のデビッド・ミショッド、共同プロデューサーのデデ・ガードナー、ジェレミー・クライナーが来日、登壇した。

    『ムーンライト』、『ディパーテッド』など、アカデミー賞受賞作も送り出してきたブラッド・ピットの製作会社”Plan B”が、新たなパートナーとして選んだのがNetflixだ。「Netflixオリジナル映画」として第一弾作品として作ったのが、この『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』である。戦場の裏側で巻き起こる頭脳バトルを描く極上の戦争アクション・エンタテインメントになっていて、ブラッド・ピットは顔芸ともいえる演技と強烈な訛りでストイックな愛国者を演じている。同作は、5月26日よりNetflixで全世界190カ国にて独占配信。配信用の映画で、このように六本木ヒルズアリーナを使って大々的にプレミアを行うのは珍しいことだが、Netflixのメンバー数はすでに1億人を超えており、今後ますますこのような配信映画のイベントが増えていくことが予想される。ブラッド・ピットはいわば配信映画のジャパンプレミアを行なった先駆者となったわけだ。

    白いスーツで颯爽と登場したブラッド・ピットは、アリーナに集まったファンを前に1時間以上ファンサービスを楽しんだあと、ステージに登壇。「日本はすごく楽しいところだけど、いつも探索する時間がないんだ。今度はゆっくり時間をあけて遊びに来たいよ」と話していたが、日本のプレミアの定番・鏡開きを行なうと、木槌で頭をボリボリとかいたり、背中をかいたりしておどけてみせていた。


    [PR]24時間年中無休の安心サポート「印刷の通販 グラフィック」

    去年 2017/5/23 21:38:37
{more_disp_disp_flag}
{more_disp_flag}
{last_timestamp}
{last_id}
{timeline_flag}
{more_item_id}

ブンロクのマスコット「Kiyomasa君」です。よろしく!

みんなの近況ピックアップ

  • 妻が田舎に帰省している今、テレビや映画を見ていてもすぐに泣いてしまう。 まわりに誰もいないととたんに涙もろくなった。 [表示]
  • 「寄生獣」2部作はかなりの傑作だと思う。ハリウッド映画を超えてると思う。 [表示]
  • eスポーツの賞金額がハンパない。 [表示]
  • 「カメラを止めるな」はほほうと納得しながら笑って泣ける映画だね。 [表示]
  • ビフテキを自分で作ってみる 昨日レストランで食べたビフテキとどっちがうまいかな? 値段では断然自分で焼いた方が安いんだけどね。 [表示]

新着のニュース

  • 『ファンタビ』エディ・レッドメインが日本のファンの熱烈な歓迎ぶりに感動 [表示]
  • ファミリーマートなどで利用可能な「PayPay」で支払った金額の20%が戻ってくる [表示]
  • 第31回東京国際映画祭レッドカーペット辛口レポート [表示]