• ブンロクニュース

    ネタバレ禁止『スプリット』ジェームズ・マカヴォイが9年ぶりに来日

    4月25日(火)、『スプリット』のトークイベントがTOHOシネマズ六本木で行われ、M.ナイト・シャマラン監督と主演のジェームズ・マカヴォイがQ&Aに応じた。マカヴォイが来日したのは『ウォンテッド』以来9年ぶり。

    いつも最後にあっと驚く展開が待っていることで有名なシャマラン監督だが、本作でもそのスタイルにブレはない。そのため、この日のトークイベントは一切口外禁止というルール付きで行われた。その代わり、「内緒だけど、ここでだけ話せる秘密」もたくさん飛び出し、じゃんじゃんネタバレOKだった。マカヴォイの来日が9年ぶりということもあって、トークイベントはまるでファンミーティングの様相を呈し、すごい盛り上がりであった。

    口外禁止のイベントということで、トークの内容はさすがにここで書けるようなことではないのだが、唯一書いても問題はないだろうと思えるのが、マカヴォイの誕生日のこと。4月21日が誕生日だったということで、会場のファンたちが一斉に「ハッピーバースデー」と言って祝福する場面もあった。これは事前に打ち合わせたことではなく、トークイベントの成り行きと司会の機転でそうなったもの。別にプレゼントが用意されていたわけではないが、マカヴォイもまさかといった感じの表情でかなり喜んでいた。

    で、マカヴォイは誕生日にいったい何をしていたのかというと、「今までの人生で最もクレイジーな体験をしていたよ。ロボットレストラン(新宿)に行ったんだ。本当にクレイジーなところだった。でも来てた人のほとんどが西洋人だったんだ。後ろの人にここは西洋人のための場所なのかって聞いてみたら、日本人は皆来たことがあるからもう来る必要がないんだって。やっぱり日本人好きだよ」とマカヴォイ。さらに「日本人はすごくオシャレだよね。街中に行ってもすごくオシャレな人たちばかりで、一人だけそうじゃない人がいたんだけど、残念ながらその一人が西洋人だった。日本人のオシャレさには感心したよ」ともコメントしており、日本を満喫した様子だ。

    マカヴォイは結構長々と話すタイプで、たくさん喋ったあとで通訳に「グッドラック」と言って笑わせる一面もあった。通訳が見事に日本語に訳してペラペラと喋っているのを見て、通訳のひたいの汗を拭ったり、肩をもんだりしておどけていた。(取材・澤田英繁)

    『スプリット』は5月12日から全国ロードショー


    [PR]24時間年中無休の安心サポート「印刷の通販 グラフィック」

    去年 2017/4/25 23:40:50
{more_disp_disp_flag}
{more_disp_flag}
{last_timestamp}
{last_id}
{timeline_flag}
{more_item_id}

ブンロクのマスコット「Kiyomasa君」です。よろしく!

みんなの近況ピックアップ

  • 実写版ソニックが嫌な予感しかしない。 [表示]
  • 昔三つ星レストランを題材にした映画で三つ星レストランを取材していたことに今頃気づく。 [表示]
  • 冬の雨はかなりこたえる。 [表示]
  • 朝の寒さがハンパない。 [表示]
  • 『西郷どん』の熊本の描写たったあれだけか。がっかりだ。 熊本地震があったから、熊本ゆかりの大河をやってくれることを期待していたのに、よりに... [表示]

新着のニュース

  • 『ファンタビ』エディ・レッドメインが日本のファンの熱烈な歓迎ぶりに感動 [表示]
  • ファミリーマートなどで利用可能な「PayPay」で支払った金額の20%が戻ってくる [表示]
  • 第31回東京国際映画祭レッドカーペット辛口レポート [表示]